極意その3 「時間配分」

「お客様の話をたくさん聞くために長い時間かけてヒアリングしたほうがいい」と思われがちですが、あまりに長いと退屈させてしまうかもしれません。